2013年07月07日

いきなり夏、本番!

西部・所沢入間南・C@入間高校グラウンド


豊岡高校との統合で入間高校グラウンドは希望者に抽選で解放され、この日、第4種リーグ戦の試合会場としては珍しく、高校会場での開催となりました。本来、会場となるはずの扇小学校は校舎の耐震工事中で使えず、各チームの日程と、抽選によるグラウンド確保…リーグ戦の運営にご苦労されています。
例年よりも早い梅雨明け! いきなり夏本番を迎えた最初の週末。そこで、各チームの指導者の皆様やお母様方に、夏場の水分補給方法や熱中症対策についてお聞きしました。



「こまめな水分補給、ハーフタイムには濡れたタオルを首などにあてる」(狭山台イレブン)。「まずは、家を出る前にコップ一杯の水を飲む。希にスポーツドリンクを飲めない選手には、水に塩と砂糖を溶かしたものを用意。また、熱中症対策用の飴なども取り入れている」(加治東)。「氷水を使って体温を下げる。手軽にエネルギー補給できるゼリー飲料も用意」(チャレンジ)。「タブレットで塩分も補給。点差が開くと選手交代も結果的には有効な熱中症対策に」(扇FC)。「濡れタオル、スポーツドリンク、時々梅干しで塩分補給」(所沢FC)。「なるべく帽子をかぶるよう徹底。湿度が高い時は、こまめな着替えも重要」(武蔵野イレブン)。「冷たすぎるものは飲ませないように注意している」(所沢マッシュ)。「ふだんの練習時からスクイーズボトルでこまめな水分補給」(プレジール入間)。

7月7日ダイジェスト


各チームとも夏場対策に工夫されています。ただ試合となると余裕が無くなるのか、水分補給しない選手もいるそうです。給水タイムは集中しすぎたり、一生懸命で余裕が無い選手に水分補給してもらう貴重な機会。そしてハーフタイム、杓子を使って首に水をかけ、控えの選手がうちわで扇ぐという連携プレーも見られました。

35度を超える酷暑…もしかすると気温上昇を招いた我々大人達の責任かもしれません。
夏は注意深く選手の体調を観察し、適切なサポートを!

※撮影画像はIPGS にて掲載中です。(14年3/31まで)
代表者様配布のチラシをご用意ください。
posted by forca! at 00:00|  L 【第7回】- 西部地区

空・川・緑・マムシ・香り!? 野趣豊かな入間川河川敷

西部・所沢入間南・E@狭山市下奥富運動公園・少年サッカー場

目覚めると、潔いほどに夏空が広がっています。
今日は狭山市、入間川河川敷にある下奥富運動公園です。
野球場・ソフトボール場、そして少年専用サイズのサッカー場が整備されています。
対岸の河川敷、柏原河川敷公園でも別の2ブロックが開催されているのが見えます。
本日のこの下奥富運動公園、通常の公共施設とはちょっと違い、各種競技連盟や協会に優先的に使用権利があるようです。
道理で・・・、隣のソフトボール場で早起きソフト?を終えた老若選手の方々が、剪定バリカンやら草刈機、鎌を使って人海戦術で、グラウンド整備をして帰って行きました。

0707_01.jpg

本日のホームチームは「狭山台キッカーズ」。
限られた駐車スペースを有効に区分けし、各チームの車両を誘導してくれています。
チームのテント村も予め区画分けし、チーム名が掲示されていました。
通常一番初めに撮影するのは、記録データとしてのその日の試合スケジュール表なのですが、こちらも感激!
「Treasure League 2013」とブルーなロゴ入り、若手コーチの作品?のようです。
そしてその本部には、元気なママさん役員さん・・・。
あれもこれも、気遣いの行き届いたホーム運営なのでした。

0707_02.jpg

さて、その「狭山台キッカーズ」がぶっちぎり?でリードしているブロックという朝の話でしたが、「山口サントスサッカークラブ」との試合はかなり押され気味・・・、ゴールポストを味方につけてピンチを凌ぎ、0−0の引き分け・・・。
どのチームもサッカースタイルが似ているし、力関係も拮抗しているようで、あちらに勝ってもこちらに負けてと各チームそんな状況の中、勝ち点はキッカーズが積み上げているようです。
「運も実力!」、頑張っているからこその「運」なのです。
後期最終試合が終わるまで、楽しいリーグ戦になること間違いありません!

※撮影画像はIPGS にて掲載中です。(14年3/31まで)
代表者様配布のチラシをご用意ください。
posted by forca! at 00:00|  L 【第7回】- 西部地区